500円玉貯金は旦那に見つかったらアウト

貯金箱へそくりを貯める方法として実践しているのは500円玉貯金です。
買い物などをしてお財布に500円玉が入ったら使わないようにします。
続けるコツは、家に帰ってきて貯金箱に入れることです。

このへそくり方法のメリットはお金を使う機会が多ければ多いほど500円玉が貯まるという事です。
そして500円玉貯金が貯まらないということはあまりお金を使っていないという事なので節約できているという事。

以前は500円玉を入れる貯金箱を玄関に置いていましたが、旦那がいつのまにかこの500円玉を使いこんでいたのです。
せっかく貯めたお金を勝手に使われては意味がないため、絶対に見つからない場所に移動することに。
結果、キッチンの流しの上にある戸棚の中に隠すことにしました。乾物が入っている缶の中に隠しました。男の人も料理をしますが、なかなか乾物を使った料理はしませんよね。まず開けられることが無い缶なので安心です。

以来500円玉貯金は結構いいペースでたまっていきます。
一か月2~3万貯めることも不可能ではありません。
500円玉でおつりをもらうためにレジで計算もするので脳活にもなります。
そのへそくりは子どもの教育費として郵便局に振り込んでいます。

「お金をもらって下さい」に引っかかった

Eメールのアイコン自分が大学生時代のときの話です。
両親に携帯電話を買ってもらって何年か経ち、携帯依存症から脱したときに見に覚えのないアドレスからメールが届きました。
具体的な金額は忘れてしまったのですが「助けてください、○○万円をもらってください」といったものでした。

今は「あ、詐欺メールだ。削除削除」という思考になりますが当時は詐欺メールがあると知らなかったので疑わずにメールに記載されていたURLにアクセスしてしまいました。
当時アルバイトはしていましたがアルバイト代だけでは正直満足出来ずお金が欲しかったという理由でアクセスし、見事に詐欺に引っかかってしまいましたわけですが・・・

そしてしばらくメールの送り主とやり取りをし、具体的な振込み方法を教えてもらおうと思ったときに急にポイント代を支払うよう促されました。
「まあ個人情報(振込み先)を教えるわけだし有料になるのも仕方ないよね」と思った私は急いで銀行で振込みをしたわけですがその後も銀行に行ってはポイント代の支払っての繰り返しで10000円以上は払ったと思います。

貯金もなくなりそうになり、全く振り込まれる気配がなかったので諦めたわけですが
このときはまだ「あー・・・アルバイト代飛んじゃったな」と思っただけでまさか騙されたとは気付いてもいませんでした。
騙されたことに気付いたのはある日、知らない番号から電話がかかってきたときでした。

「誰だろう?」と思って電話に出たら野太く低い声の男性からでポイント代を払えという内容でした。
持ち合わせが少ない旨を伝えると5000円でいいと言われたので急いで銀行で5000円を振り込みました。
正直あのときはすごく怖かったですし、なきそうになりました。

あのときは自分でもバカなことをしたなと思います。
ちなみに実は騙されたのはこの一件だけではなかったりしますが、さすがに今はもうどんなメールで私を誘惑しようが騙されません!!
そして知らない番号から電話がかかってきたときは必ずどこからかかってきたか確認するようにしています。
詐欺でお金は失いましたが、人を疑うことと知らない番号は調べることは教訓にしています。

学ぶ事に夢中になりすぎました。

めまいがしている男性通常で働いている意外にも収入が欲しいと思い、以前から興味のあったカウンセラーの勉強を始めました。
勉強が面白くなってしまい、どんどんとお金を注ぎ込んで学び、実際に実践としてやってみる機会も得ることができました。
ですが続けるうちに自分にはカウンセラーという仕事が向いていなかったようで、やればやるほど心身疲労を伴い、とうとう倒れてしまいました。
今の仕事と兼用して初めて、見込めるはずだった収入を得ることができなくなってしまいました。

勉強のため仕事も辞めてしまっており、さらに貯金を使い果たしローンまで組んでしまっていたので、結局残ったのはローンだけ。

仕事も正社員で働いていたけれど、すぐに収入が必要だったため派遣となり、学ぶ事にのめりこみすぎていて、生活を顧みず、残ったローンをなんとか返済しながら細々と生活をするはめになってしまいました。

教育を提供するほうも最初は良いことをいい、どんどんとお金を出させてこちらの生活のことは何一つ考えてはいないんだということを目の当たりにして、社会のことを学んだような気がします。

目の前が見えなくなるほど夢中になって、自分を顧みないような考え方になっていた事に気がつき、自分の生活を大切にするという当たり前のことをしていませんでした。

今は、余っている分の機会を解約して返金し、全額ローン返済にあてました。
残りのローンも返せるめどがたち、細々と返金しています。

二度とお金の貸し借りはしない。

一軒家のイラスト私はあまり両親とうまくいっていませんでした。
そこで就職したのを期に友人とシェアハウスすることにしました。
その友人と私は、両親からの対応など似ており付き合いも8年ぐらいになるので大丈夫だろうと思い一緒に暮らし始めました。

でも友人は夜の仕事しておりアパートの契約など私がすることになり、何もかも半分ずつ支払うようにしようということになりました。
最初は良かったのですが家賃など引き落としにしていたので、私の口座から引き落としされます。
友人は何かしら理由をつけて支払うのを遅らせてみたり払えないと言ったりしてきました。

そして私も付き合っていた彼との間に子供ができこれをきっかけに結婚。
つわりがひどく旦那に面倒見てもらう生活が続き、友人との家の契約など変更ができませんでした。

落ち着いてきた所で立て替えてた分のお金全額と契約の変更をしないと困ることを伝え、後日会うことになっていたのですが会う約束の日が近くになると連絡は返さない返したと思ったら何かしら理由をつけて会わない、本当ふざけてます。

もう二度と友人でもお金の貸し借りやこうゆうことは絶対にやらないと誓いました。
未だに家賃などのお金は返されてないので、しつこく連絡などしていくつもりです。