専業主婦の生命保険~死亡保障の見直し

仏壇の前に座る女性私は独身時代に生命保険に入りました。
死亡保障1,400万円、その他入院手術の保障、女性特有の病気の保障、三大疾病等々、たくさんの特約がついていました。

入った当時はまだ20代。
保険料は約10,000円。特に見直しもせず、保険屋さんに勧められるままに保険に入っていました。

それから数年。
妊娠を機に退職したのですが、保険は放ったらかし。
年齢が上がることで保険料も上がると言うことから、保険の見直しをすることに。

ところが、保険内容を聞いてもよくわかりませんし、結局は保険屋さんに言われるがまま更新。
結果、保険料は15,000円となり、家計を圧迫することになるのでした。
どんなに切り詰めても、家計は赤字。
何にお金がかかっているのかよくわからなかった私は、ファイナンシャルプランナーに相談に行きました。

「死亡保障1,400万円も必要?」
今まで当たり前だと思っていた死亡保障。
しかし、私が死んでしまっても、夫が居れば稼ぎはあるので、子供はお金には困らないはず。
せいぜいお葬式代があれば良いはずです。

「たくさん特約付いてるけど、高額医療制度を使えば月8万円以上はかからない。こんなに特約って必要?これ全て掛け捨てですよ。いつなるかわからない病気のために備えは大事だけど、そのために今の生活が圧迫されるのは間違いじゃないかな?」
目からウロコでした。これまでの当たり前が今の生活を圧迫していたなんて。
急遽、改めて保険の見直しを申し入れましたが、「見直し後2年経過しないと再度の見直しは出来ない」とのこと。
現在も家計を圧迫し続けている私の生命保険ですが、次回見直しでは死亡保障を下げ、特約を解除する予定です。それだけで、私の保険料は約6000円下がるそうです。

自分にどんな保険が必要で、何が必要ではないのか。保険は難しいイメージですが、保険屋さんの話だけではなく、第三者の話を聞くことはとても大事だなと思いました。

医療費控除を侮れない理由とは?

薬屋さんと薬剤師会社員だと年末調整は会社がやってくれるし確定申告なんて自分には関係ない、と思っている方が多いかと思います。

ですが会社員でも節税する方法はあります。

 

どんな方でも取り組みやすい節税方法を2つご紹介します。

1つ目は「医療費控除」です。

医療費控除とは、「医療費の合計額」から「保険金や生命保険からの補てん」と10万円を差し引いた金額が「医療費控除」の対象金額(最高額200万円)となります。

注目ポイントは同一生計の家族全員の医療関連費が対象になることです。1人分の医療費ですと、なかなか医療費が年間10万円を超えることはありませんが家族全員となると10万円を超えることもあります。

夫の母親が年金暮らしで夫の扶養家族に入っていれば、同居していなくても夫の母親にかかった医療費も合算されることになります。

 

もう一つの注目ポイントは、病院に行くのに使用した交通費や、市販で購入した薬の費用なども医療費控除の対象になることです。

私の場合は、出産をした年に産前・産後の通院の際のタクシー代や夫が高脂血症で定期的に通っていた診察費と薬代、頭痛や風邪などで使用していた市販の薬代などを合算すると年間で627,138円医療費がかかりました。

この内、医療保険や出産一時金などで補てんされる420,000円を差し引くと207,138円です。この内10万円を超えた分、107,138円が控除対象になりました。

 

ここで注意が必要なのは、同一生計の世帯の中で収入が高い人で控除の申告をすると還付率が高くなることです。医療費の中では妻の私にかかった金額が多いのですが、収入の高い夫の方で控除申告をしました。

夫で申告した場合、約35,000円が還付されました。私が申告した場合は夫の半分の年収で21,000円の還付になります。世帯でかかった医療費は同額なのに誰で申告するかで14,000円もの差が出るのです。

 

医療費控除を1年間分計算するのは少し面倒ですが、国税庁のHPから医療費控除申告の際のフォームをダウンロードできるので、家計簿のようにこつこつ記入しておくと確定申告の際にとても楽です。

また申告の際は、基本的にレシートまたは領収書を添付する必要があるのでタクシーやドラッグストアでも領収書やレシートをきちんともらうようにしておきましょう。

 

家族全員の医療費なら対象になるかも、という方は、一度きちんと記入してチェックしてみることをお勧めします。

 

家族にも節約に協力してもらう方法は?

ステーキの横にナイフとフォーク給料日近くになると、お金ってほとんどお金がなくなりますよね。ときには足りなくなって貯蓄を取り崩さなければならないこともあります。

でもそれは明らかに収入と支出のバランスが崩れている状態のため、原因究明が必要です。

家計簿を日ごろはつけていない人も一ヶ月だけつけてみることをお勧めします。

我が家の場合は、恐ろしいほど食費がかかっていることが分かりました。飲んだり食べたりで毎日お金が飛んで行っていたのです。

これでは毎月お金が足りなくなるはずです。

 

対策としてやりくりを工夫することはもちろんなのですが、それを自分ひとりで頑張ることには限界がありそうです。でも世の中のほとんどの旦那様は節約に非協力的なため、実際は奥さんひとりで頑張っていることが多いですよね。

私たち夫婦ももう若くはないので、そろそろ老後を考えなければならない年です。そこで夫に「このままでは老後は暮らせなくなってしまうよ」と言うと、夫は神妙な顔つきで「そうだなあ」と納得してくれました。

それから食費をできるだけ節約してくれるようになりました。

それまでは私が食事を用意していても、夫はスーパーやコンビニで食べたいものをみつけるとすぐに買ってしまい、それだけではなくお菓子も買いたい放題でした。しかし「老後は暮らせなくなってしまうよ」という言葉が効いたのか、それ以後はむやみに買うことはなくなりました。

やはり夫も老後、お金がなくてみじめな暮らしはしたくないと思うのか、その後もこの言葉を言うと食費の節約に協力してくれるようになりました。

「節約して!」とか「もったいない!」だと反感を買って逆効果になりますが、現実味を帯びた言葉で自分で納得してくれれば効果があるようです。