グレーゾーン金利とはどういうこと?

お札と小銭の写真
グレーゾーン金利っていう言葉を聞いたことがありますか?
クレジットカードや消費者金融などを検討したり、実際に利用している人であれば知っている言葉だと思います。

グレーゾーン金利とは、簡単にいうと消費者金融が人にお金を貸すときに法律はあるけど実際には罰せられないという部分と罰せられる部分を上手く使って儲かるように上手く設定した金利のことです。

細かく言うと、消費者金融でお金を借りる時には利息制限法という法律があります。
10万未満⇒金利年20%以下
10万以上100万未満⇒年18%以下
100万以上⇒年15%以下
というふうに決まっているんですが、違反しようが特に罰金がありませんでした。
なおかつ借りる本人が納得していれば、この金利を越えても大丈夫なんです。

もうひとつ、出資法という法律があって金利は年29.2%を超えてはいけないという決まりです。
こちらは違反すると罰金が取られます。

なので消費者金融は、罰金を払わなくてもいいようにでも儲かるように考えました。
利息制限法は越えても、出資法は超えないようにお金を貸し始めたんです。

罰金がないとは言え、利息制限法には違反していることになる。
なのでグレーゾーンと言われていたのでグレーゾーン金利という言葉ができたわけなんです。

でもこんな変な法律ってないですよね?
なので今は出資法も改正されているので、グレーゾーン金利はなくなりました。
無駄に高い金利を支払う必要はなくなったので、安心してください。

もしもヤミ金に手を出してしまったとしても、法外な金利はもちろん違法です。
そういった時は、一人で悩まないでヤミ金専門の相談窓口や弁護士さんに早めに相談しましょう。