500円玉貯金は旦那に見つかったらアウト

貯金箱へそくりを貯める方法として実践しているのは500円玉貯金です。
買い物などをしてお財布に500円玉が入ったら使わないようにします。
続けるコツは、家に帰ってきて貯金箱に入れることです。

このへそくり方法のメリットはお金を使う機会が多ければ多いほど500円玉が貯まるという事です。
そして500円玉貯金が貯まらないということはあまりお金を使っていないという事なので節約できているという事。

以前は500円玉を入れる貯金箱を玄関に置いていましたが、旦那がいつのまにかこの500円玉を使いこんでいたのです。
せっかく貯めたお金を勝手に使われては意味がないため、絶対に見つからない場所に移動することに。
結果、キッチンの流しの上にある戸棚の中に隠すことにしました。乾物が入っている缶の中に隠しました。男の人も料理をしますが、なかなか乾物を使った料理はしませんよね。まず開けられることが無い缶なので安心です。

以来500円玉貯金は結構いいペースでたまっていきます。
一か月2~3万貯めることも不可能ではありません。
500円玉でおつりをもらうためにレジで計算もするので脳活にもなります。
そのへそくりは子どもの教育費として郵便局に振り込んでいます。