専業主婦の生命保険~死亡保障の見直し

仏壇の前に座る女性私は独身時代に生命保険に入りました。
死亡保障1,400万円、その他入院手術の保障、女性特有の病気の保障、三大疾病等々、たくさんの特約がついていました。

入った当時はまだ20代。
保険料は約10,000円。特に見直しもせず、保険屋さんに勧められるままに保険に入っていました。

それから数年。
妊娠を機に退職したのですが、保険は放ったらかし。
年齢が上がることで保険料も上がると言うことから、保険の見直しをすることに。

ところが、保険内容を聞いてもよくわかりませんし、結局は保険屋さんに言われるがまま更新。
結果、保険料は15,000円となり、家計を圧迫することになるのでした。
どんなに切り詰めても、家計は赤字。
何にお金がかかっているのかよくわからなかった私は、ファイナンシャルプランナーに相談に行きました。

「死亡保障1,400万円も必要?」
今まで当たり前だと思っていた死亡保障。
しかし、私が死んでしまっても、夫が居れば稼ぎはあるので、子供はお金には困らないはず。
せいぜいお葬式代があれば良いはずです。

「たくさん特約付いてるけど、高額医療制度を使えば月8万円以上はかからない。こんなに特約って必要?これ全て掛け捨てですよ。いつなるかわからない病気のために備えは大事だけど、そのために今の生活が圧迫されるのは間違いじゃないかな?」
目からウロコでした。これまでの当たり前が今の生活を圧迫していたなんて。
急遽、改めて保険の見直しを申し入れましたが、「見直し後2年経過しないと再度の見直しは出来ない」とのこと。
現在も家計を圧迫し続けている私の生命保険ですが、次回見直しでは死亡保障を下げ、特約を解除する予定です。それだけで、私の保険料は約6000円下がるそうです。

自分にどんな保険が必要で、何が必要ではないのか。保険は難しいイメージですが、保険屋さんの話だけではなく、第三者の話を聞くことはとても大事だなと思いました。