安く大量購入した野菜を干して保存食に

干し野菜特売で安い食材でも、美味しく栄養価もなければ意味がありませんよね。
共働きだったり子育てしている方は、スーパーで一週間分の食材をまとめ買いすることもあると思います。
どんなに新鮮な野菜を購入しても、数日したら段々と野菜も元気がなくなってきます。
そんな時におすすめなのが干し野菜です。
干し野菜は以前からありますが、難しそうと敬遠されてるかたも多いと思います。
でも一度ためしたらやめられなくなりますよ。

私も特売の日には大量に買うことが多いです。
しかも、献立を考えず、安いかという理由でとりあえず買ってしまうということもあります。
購入してきた野菜を目の前に置き、数日中に食べきる野菜や、献立が決まったものは下処理をして冷蔵庫や冷凍庫へ。
それ以外の野菜はザルやキッチンペーパーを乗せたお皿に広げ数時間から数日の間、天日干しします。
水分を失いカラカラになった野菜は旨みと栄養素がギュギュと詰まった野菜へ変化します。
しかも水分がないため、乾物のような保存食にすることができます。
使い方も簡単で、水に戻し他の具材と一緒にそのままいれるだけ。私は戻した水ももったいないので、お味噌汁や煮物につかいます。
干したことにより旨みが凝縮されているので、干し野菜だけをオーブンやトースターで焼いたり、ソテーにするだけで一品になります。
オリーブオイルや塩だけのシンプルな味付けで食べると野菜の甘みや香りに驚きます。
歯ごたえも全く違うので生野菜と比べながら家族で食べると楽しいです。

安い食材を大量購入したら、干し野菜にしてみてください。
「野菜が高くなってきた」というときにも干し野菜が栄養価の高い食材で美味しくご飯を食べらると思います。