ガン保険を見直して、有効な内容かつ値下がり!

病院で診察受ける夫婦二児の父で、妻は専業主婦の家庭です。私も妻も結婚当初からガン保険に入っていました。
加入内容は、入院時保証として1日○千円の保険金、就労不可時の保障金など、ごくごく一般的なもので積み立てなしの掛け捨てで契約していました。

子供が生まれるタイミングで、生命保険にも入ろう、学資保険も必要だ、ということで保険の総合的な見直しを図るためにプランナーに相談することにしました。
プランナーに生命保険、学資保険代わりになる生命保険を勧められて、内容にも納得して契約に至りました。
これで終わりかな、と思いましたが、プランナーからは、ガン保険が少し高すぎると言われました。

入院時保証としての1日あたり○千円というのは、必要性が低いのだそうです。いまのガン治療は、実際はほとんどが通院治療となり、ガンにかかっても入院保証が貰えないケースが多いのだそうです。
そのため、私も妻も、入院時の保障内容を見直すことにしました。

就労不可時の保障金、手術、治療費の保障はそのまま残して、入院日数当たりの保障金はまるごと削除する内容で契約し直しました。やはり掛け捨てです。
これだけで毎月数千円が夫婦で安くなりました。念のため、契約前に他のプランナーにも確認したところ、通院治療が主であることが確認取れたので、納得しています。
プランナーの利用は大変有効でした。