楽天カードは申し込む価値があるのか無いのかを検証

楽天カードは年会費無料以外にも作る価値がある

楽天カード

楽天カードは、日本最大級のショッピングサイト楽天市場を使うときに、持っていると便利です。楽天市場を利用すると勧められることもあります。

 

買い物のときに使えるショッピング機能だけではなく、1ポイント1円で使えるポイントが非常に溜めやすく、キャッシング機能がついているので現金が必要なときにも利用できるということで、借入目的でも作る価値があります。

 

カードによっては初年度は無料で翌年から年会費を取られてしまうものもあり、ゴールドでない一般カードでも年会費で数千円も取られることも珍しくありません。

 

それに対して、楽天カードは年会費が無料なので何年持っていても無料で所持しておくことができます。

 

楽天カードは年会費が無料という点で多くの人が持っている、という理由以外にも沢山のメリットがあります。

 

ポイントが貯まるから作る価値がある

ピースする女性

楽天カードはお得なポイント制度が最大の特徴で、そのポイントが非常に溜めやすいのも人気の理由です。

 

100円の買い物につき、1ポイントもらうことができます。ポイントは1ポイント=1円として楽天市場などで使うことができます。楽天市場以外でショッピングをした場合にもポイントが付与されるので、ネットショップを利用しない人にもお得感があります。

 

ただ、楽天市場でショッピングするといつでも2倍のポイントをもらうことができます。これは申し込みが必要ですが、一度申し込んでおけばOKなので、楽天市場を頻繁に使うという人にはメリットが大きいです。

 

さらに、6のつく日はポイント2倍というキャンペーンもあります。週末の感謝デーにエントリーするとポイント3倍、ポイント最大10倍の優待キャンペーンも月に2回設けられています。
また、ETCカードや楽天Edyカードでもポイントを貯めることができます。

 

買い物を全て楽天カードで支払えば、10万円分買い物したとすると、月に1000ポイント、つまり実質1,000円もらえることになります。現金払いであればこのような還元は受けられないので作る価値は十分あるでしょう。

 

不正カード利用に対しても対策済み

メガホンで大声を上げる男性

楽天カードはカードを利用すると利用状況を知らせてくれるメールを配信してくれます。

 

このサービスに登録しておけば「カードで○○円利用しました」という通知がきます。万が一自分の知らない所で不正にカードが使われた場合にすぐに発見することができます。

 

「気づかないうちに楽天カードを落としていた!」というようなときにいち早く発見することができるので、被害を最小限に抑えることができます。また、この通知のおかげで、楽天市場で買い物したのに品物が届かないというときには、楽天市場が調査と請求取り消しに応じてくれます。キャンセルや返金を頼みたいときにこの通地は使えます。

 

海外旅行の保険も付いている

綺麗なビーチ

楽天カードは年会費無料であるにもかかわらず、海外旅行の保険がついています。年会費を払う必要があるカードには海外旅行保険がついているものが多いですが、年会費無料でついているのは珍しいです。

 

例えば、海外で死亡したり後遺障害を負った場合には2,000万円の補償金が受け取れます。傷病・疾病治療費は200万円、賠償責任は2,000万円、携帯品被害は20万円、救援者費用は200万円を受け取ることができます。

 

ただし、楽天カードの海外旅行保険は持っていればOKというわけではなく、利用付帯なので航空券の代金やツアーの代金を楽天カードで払う必要があります。楽天カードで旅行費を支払う人であれば、利用付帯になるので便利です。

 

審査に通りやすいと評判

笑顔の女性オペレーター

楽天カードはとても審査が通りやすいカードとして有名です。初めてクレジットカードを作りたいという人でも申し込みやすいです。

 

年収や勤務先などが不安でも、ローンやクレジットカードの利用履歴(クレジットヒストリー)に欠陥がなければほとんど審査に落ちる心配はありません。

 

過去に滞納や債務整理などの記録があると難しいですが、年収だけで判断されるわけではないので、年収が低いからカードを発行してもらえないという人に向いています。

 

キャッシング機能も付いている

大金を持つ女性

楽天カードには、キャッシング機能も付帯しているので、レジットカードとして日々の買い物や楽天市場でのネットショッピングに使うだけではなく、急な金欠時にキャッシングでお金を借りることができます。

 

これは楽天カードの付帯サービスで、1万円〜最大で90万円借入可能です。上限額は審査によって利用上限額が決定されます。

 

金利18%で遅延損害金は20%、担保や保証人は不要で利用することができます。入会したばかりの頃は、利用可能額は少ないですが、利用年数が多くなり、使用状況でちゃんと滞りなどがなければ増額できる可能性もあります。

 

支払い方法は1回払いとリボ払いの2つから選ぶことができるので、自分にあった方法とペースで返済していくことができるのがメリットです。ひとつのカードでクレジット機能とキャッシング機能がついているのが便利です。

 

国際ブランドを3つから選べる

クレジットカード

楽天カードは、JCB、VISA、MasterCardの3種類の国際ブランドから選択できます。どのブランドを選んだとしても、電子マネーの楽天Edyを使うことができます。

 

楽天Edyは楽天スーパーポイントが唯一貯められる電子マネーで、楽天カードとの相性がとても良いです。200円チャージするたびに1ポイントもらえます。利用した時にも200円で1ポイントつきます。つまり、トータルの還元率は1%ということです。

 

JCBを選ぶと、電子マネーのnanacoチャージ分のポイントをゲットすることもできます。

 

コンビニの大手セブンイレブンで電気代や水道代などの公共料金が支払えるのがとても便利です。さらに、普通はクレジットカード払いはできない国民年金や国民健康保険料、自動車税まで支払うことができるというメリットがあります。nanacoチャージ分も、楽天カードの決済として扱われるので100円つき1ポイントもらえます。

 

ちなみに、MasterCardを選ぶとauWALLETへのチャージで100円につき1ポイントつきます。もしauのキャリアでよくチャージをするという人は、ポイントがどんどん貯まっていくのでお得でしょう。

 

さらに、2016年10月25日からApplePayが利用可能になっています。楽天カードでのポイント獲得が今まで以上に簡単になりました。今まで日本人がずっと待ち望んでいたサービスだけに、反響が大きいです。このためだけにスマートフォンを買い換えたという人も少なくないようです。

 

決済にはQUICPay(クイックペイ)が割り当てられていて、全国のコンビニやその他の加盟店で使うことができます。支払いがスピーディになります。

 

ApplePayはカードに付帯する国際ブランド(JCB・VISA・MasterCard)のすべてに対応しています。使いやすいのはJCBかMasterCardブランドで、これだとApplePay対応のアプリやオンラインショッピングで決済が可能になります。

 

決済は非常に簡単で、決済画面でTouchIDで指紋認証するだけです。他に電車の乗車券購入やSuicaのチャージをすることもできます。

楽天カードは一枚持っておくと非常にお得にポイントが溜まる

笑顔で財布を持つ女性

 

楽天カード1枚あれば日常生活のほとんどの支払いをカバーできるので、作る価値は大いにあります。
会員ランクが低くても十分恩恵を受けられますが、さらに上級会員になるとお得なサービスが受けられるようになります。

 

最初はレギュラー、次いでシルバー、ゴールド、プラチナ、ダイヤモンド、という順番にランクが上がります。

 

レギュラーはポイント大量の楽天サービス利用でポイントを獲得すればなることができます。レギュラーでは誕生月のポイント付与はありませんが、上級会員になると誕生月にポイントが付与されるようになります。

 

例えば、プラチナ会員になるには過去6ヶ月で2,000ポイント以上獲得、かつ15回以上ポイントを獲得する必要があります。そしてランクアップすると、誕生月に500ポイントがもらえるようになります。
楽天カードはとにかくポイントが貯まりやすいカードなので、頻繁に利用する人や公共料金の支払いで毎月必ずまとまったお金を払うという人には作り価値が大きいです。

 

楽天スーパーポイントが何倍も貯まるキャンペーンを頻繁に行っているので、あっという間にポイントが貯まっていきます。また、複数のキャンペーンで得たポイントは合算出来る場合が多いのもメリットです。

 

楽天市場は同じ時期に複数ポイント割増キャンペーンが重なった場合、それぞれの倍数を合算することができます。普通のクレジットカードではキャンペーンが重なってしまうとどちらかだけしか適用されませんが、楽天カードは太っ腹で倍数にしてくれます。キャンペーンの登録は無料でできるので、すべて登録しておけばキャンペーンの恩恵を受けることができます。

 

ただし、特典でもらったポイントは有効期限が短いという点は注意が必要です。キャンペーンでゲットしたポイントは、通常のポイントよりも有効期限が短く、期間を過ぎると消滅してしまいます。このポイントがどれくらいあるか、あとどれくらいで消えてしまうのかという通知も、楽天で通知を登録しておけば受け取ることができます。

 

楽天スーパーポイントは使い道が豊富で、楽天グループ以外でも使えるということが挙げられます。使い道のひとつとして人気があるのは、航空マイルへの交換です。楽天スーパーポイントは、2ポイントで1マイルに交換可能です。しかもポイントからマイルへの移行手数料がかからないので、かなりお得です。

 

ポイントの有効期限が長く、実質無期限になっています。これが作る価値がある理由として支持されていて、ポイントの失効が気になる人には安心のサービスになっています。

楽天カードの改善を期待するポイント

考え込んでいる女性

 

楽天カードはポイントが溜めやすく、年会費無料で非常に使い勝手の良いクレジットカードであることは間違いありません。しかし、中には「もうちょっと改善して欲しい」という点があるのも事実です。

 

そんな楽天カードに改善して欲しい2つの点をまとめました。

 

楽天カードのETCカードは年会費がかかる

車に乗り込む女性

楽天カードの付帯サービスのひとつに、楽天ETCカードがあります。

 

通行料100円につき楽天スーパーポイントが1ポイント付与されるので、小額な通行料金でも、どんどんポイントが貯まるのが大きな特長で、頻繁に高速道路を利用する方にとって、大変便利でお得なサービスです。

 

このサービスでは、クレジットカードの楽天カードとは別に、ETC専用カードが発行されます。
一体型カードと違い、実店舗での買い物で利用する度に車載器から毎回取り外す必要が無いので、利便性の面からも歓迎されるところです。

 

楽天ETCカードの申し込みには2つの方法があり、ひとつは、楽天カード申し込みの際に同時に申し込む方法、もうひとつは、既に楽天カードをお持ちの場合は、楽天e-NAVIにログインして「各種お申し込み」から申し込む方法があります。

 

通常、年会費が税込み540円かかりますが、実はそれを無料にする2つの方法があります。

 

楽天ETCカードを無料発行する2つの方法

ひとつは、楽天ゴールドカード、楽天プレミアムカード、楽天ブラックカードに入会し、それらのカードに付帯する楽天ETCカードに申し込めば、年会費が無料となります。
しかし、さまざまなサービスを享受できるカードであると同時に、それ相当の審査があり、ハードルの高い方法となります。

 

もうひとつの方法は、楽天Point Club会員ランクが、プラチナ会員、ダイヤモンド会員になる事です。
会員ランク特典のひとつとして、楽天ETCカードの年会費が免除となります。会員ランクは、楽天カードを利用することで獲得したポイントと回数で決まります。

 

プラチナ会員は、過去6ヶ月で2000ポイント以上、かつ15回以上ポイントを獲得が条件です。
ダイヤモンド会員は、過去6ヶ月で4000ポイント以上、かつ30回以上ポイントを獲得、かつ楽天カードを保有している事が条件です。

 

楽天市場や楽天スーパーポイント加盟店を頻繁に利用し、楽天ETCカードの年会費を無料にしたいという方には、会員ランクのアップを狙うのが近道と言えます。
楽天ETCカードは、100円につき1ポイントという小額な通行料からポイントが付与されるだけではなく、年会費を無料にできるチャンスが複数用意されている、他に類を見ないお得なサービスに、注目が集まっています。

 

忘れやすい期間限定ポイント制度

スマホを見ながらがっかりする女性

楽天カードはポイントが最も溜めやすいカードといっても過言で貼りませんが、期間限定というポイントには注意が必要です。

 

いくらキャンペーンなどでポイントの還元率が高くついたとしても一定の期間内に使わなければ失効してしまうというポイントがあるのです。また入会時にもらえる数千ポイントという大きなポイントの大半も期間限定ポイントです。

 

このポイントの仕組みを知らないとせっかくもらったポイントが失効してしまうので入会をすると早めに利用するということも知っておくことが大切です。

 

そしてその後もポイントが失効しないためには獲得ポイントや期間限定ポイントなどの明細が送られてくる楽天からのメルマガを常にチェックし、期間限定分については失効前に使うようにする注意が必要です。このようにいくらポイントが多くためられても期間限定ポイントがあるというポイントの仕組みが分かりにくいというデメリットがあります。

更新履歴